転職メモ

なぜ「最低3年は仕事を続けなさい」と言われるのか?

3nenn

「仕事をやめるにしても最低3年は勤めてからにしなさい!」なんて世間では言われますが、仕事を今すぐにでも辞めたい人間に言わせると「根拠もねぇ数字出しやがって・・・」って感じでしょうか。だけど

本当に3年以上働いてから退職した方が良い。なぜかというと

1.3年以内にやめると転職が不利になるよ。

「たった3年も仕事を続けられないやつは根性なしだってか!」いえ違います。そうゆうふんわりした話ではなく、もっと説得力のあるハナシ。

どうゆう話かというと、社会人枠でもない限り、会社は採用した人間を即戦力とは見ていません。プロ野球の高卒ルーキーと同じで、将来的に成長して利益をもたらしてくれれば・・・そんな思いで人材採用をしています。

で、多くの会社は新規採用者にこんなことを期待しています。

  • 1年目〜赤字覚悟、まぁ仕事できるわけないしね。
  • 2年目〜まだ赤字だけど、成長してきたな!
  • 3年目〜大体トントン。成長の早い人によっては黒字を出してくれる!
  • 4年目以降〜利益出せ!

3年目研修。という研修が多くの企業で取り入れられていることからもわかるとおり、採用からの「3年間」は企業にとって特別な意味があるのです。

だから、3年以内に仕事をやめた人間を転職先の企業が警戒しないわけがない。「うちの会社でもまた・・・」なんて不安がよぎるわけですから。

それだけで、他の志願者に比べて一歩出遅れてしまうのです。だから、転職するにしても3年以上は勤めてからのほうが色々スムーズだよ。ということをわかってほしい。決してキレイゴトではないのです。

2.3年以内にやめるやつは会社からすると大迷惑

ある程度黒字を出してから退職するのであれば、まぁ会社も納得できるでしょう。しかし、利益もロクに出していないうちにやめられるのは、会社からすると最悪です。

特に新規採用からの3年間は研修やらで、会社は人材に多額の投資をしているのです。「これも将来の会社のため・・・」と割り切って。

散々投資して、さぁ!これから頑張ってもらうぞ!ってときに「やめます。」なんて言われたらぶちぎれで。退職した会社に悪く言われる人材は転職市場でも不利なのです。

3.数を重ねるほど辛くなる。

1回目ならまだしも、3年以内の退職が2回目、3回目となると、そう簡単には信用されなくなり、転職のハードルはぐっとあがっていきます。

今退職するということは、1回目のカードを切ることになるのです。重要な1回目を切ることの重みの知ってください。転職先でも上手く行かず、また3年以内に退職したら・・・2回目のカードを切ってしまったら転職市場では下級ヒエラルキー決定ですよ。

4.だから3年間は続けてみましょう。

入社してみて「なんか違うな・・・辞めたい・・・」とか「この上司うざ・・・辞めたい・・・」と思う気持ちは僕もよーくわかります。でも、3年以内に辞めたという事実は、後々の転職に確実に響いてきます。

「3年間続けてみないと社会がどうゆうものかわからないじゃないか!」なんてわけのわからない、ふわふわした理由じゃなく、転職がしづらくなるという直接的な理由です。

だから、3年間は仕事を続けてみませんか?

5.それでも会社をやめたいなら

勝手に退職して一人で就職活動をするのも一つの方法ですが、プロが転職をサポート(無料)してくれる転職サイトを使ってみると良いと思います。

 

補足メモ:ポジティブな理由の退職は3年以内でも良い。

なぜかというと、ポジティブな理由(スキルを上げたいなど)で退職した人は、「なぜ早々に退職したのですか?」という面接官からの質問に胸をはって理論整然と答えることが出来るから安心出来る。

会社からすると、自社への希望理由と実態に齟齬がないかを確認するだけで良いので。色々面接してみて、その想いに自社で答えれるなら採用、できないなら不採用、これだけで良いのです。

だから、ポジティブな理由で退職をする分には構わないと思います。

あるぱか

あるぱか

投稿者の記事一覧

いつもご購読ありがとう!クソみたいなブログだからもう閉じてえぇで!

関連記事

  1. 異業種への転職は可能なのか?
  2. risutra リストラされると転職に不利なのか?
  3. tyuukoune 中高年からでも転職を成功させる人の特徴
  4. taikenki 転職エージェントを使ってみたので体験談を書いておく。
  5. rhurihuri78 転職が超絶不利になる4大理由
  6. longten 長期的な目線で転職を考える重要性
  7. nansigo どこに転職したいのかわからない人への処方箋7コ
  8. nouteki 【うさ脳】手・腕の組み方でわかるアナタの適職と特徴

ランキング

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

おすすめ記事

k-sim 格安SIMの基礎知識

最近流行りの格安SIM。当ブログでも度々取り上げてきましたがとのお叱りのお言葉を頂き…

PAGE TOP