コラムメモ

高層マンションの中に児童相談所をつくってなにが悪い?

jidousoudan

「はっきり言ってなにが悪いのかわからない。」

大阪市内の高層マンション内に、児童相談所を入れる計画について、猛反発が相次いでいるとのニュースが話題になっている。住民の半数以上が反対しているようで、文句を言いたい気持ちはわからないでもない。

ただ、住民である彼ら彼女らの発言の中には、正直言ってお門違いなものも多かったので、いくつか取り上げながら、総叩きしていこうと思う。

・大阪市の説明が気に食わない!

今の論点は、マンションの中に児童相談所を設置するか否かであって、説明の進行や方法が云々ではないのでは?テレビを見ていると、市職員の説明も歯切れが悪かった。でも、それと今回の一件になんの関係があるのか?

説明が気に食わない=だから反対だ。と本気で思っているのであれば、もう少し論点を整理するというか、頭の使い方を考えたほうが良いと思う。

・児童相談所設置予定箇所に高齢者施設があったから入居したのに!

これもよくわからない。児童相談設置予定箇所は市の持ち物だそうだが、そこには元々高齢者のための施設が入っていたらしい。

公の施設というのは恒久的に設置し続けることを約束しているわけではない。設置時に自分たちが出資などをしているのであれば、まだ言い分もあると思うが「私は高齢者施設があったから入居したのに!そんなところに児童相談所なんてけしからん!」というのは、お花畑である。

全て、あんたらを中心に回っているわけではないのだ。

・厚生労働書のガイドラインには屋外を設けることが適当と書いてあるぞ!

この児童相談所予定地には、屋外がないそうで、そこに突っ込んでいる住民もいたようだ。言い分としては「屋外がないのに児童相談所つくっていいのかよ?」という感じだろうか。

ガイドラインにはあくまで”適当”と書いてあるだけで、別に設置が義務づけられているわけではない。あくまで努力目標で「もし可能ならつけてね」くらいのものだ。

第一、施設内には大きなホールがあって運動も可能である。屋外を設けるというのは、のびのびと遊ばせることを意図しているものであって、屋内でもその目的を達せられるのであれば、なんの問題も無いと思う。

”屋外”、”屋内”という言葉ばかりにひきずられて、その目的や本質を見極めずに反対するのは、良い大人として浅はかすぎるのでは?批判できる材料がないから言いがかりをつけているようにしか見えません。

・万が一子どもが逃げ出したら誰が捕まえるのか?

児童相談所にくる子どもに対する冒涜である。みんなで子どもを助けようという気持ちはないのか?もし、この場所が児童相談所として使われなければ、別の場所に移転するだけだ。自分にさえ火の粉がかからなければ、それで良いであろうか。

「誰が捕まえんのよ!」→「我々で捕まえます」→「何言ってるのかしらwwww」なんてやりとりをテレビで目にしたが、良い大人のする問答ではない。

第一、児童相談所の主な利用のされ方は虐待相談と障害相談だ。この2つで9割以上を占める。利用実態も知らずに、非行少年・少女が集まる施設を断定するのはどうであろうか。

結論:嫌なら嫌って言えや!

ガイドラインがなんだの大阪市の説明がどうだの、そんなものは設置するか否かには関係のないことだ。そうゆう言いがかりを引っ張りだして、自分たちの本音を覆い隠すのはどうなんでしょうか。はっきり言えば良い「児童相談所のイメージは悪い子どもが集まるところ。だから嫌だ。」と。

もちろん児童相談所はそんなところではないし、大阪市が一生懸命説得していかなければならない部分だ。冒頭でも書いたが、住民の言いたい気持ちが全くわからないわけではない。

Not In My Back Yard(NIMBY(ニンビー))といって、施設の重要性はわかるが、うちの裏につくられるのは嫌!という意味の言葉がある。

特にゴミ処理場の建設の際に起こる住民感情なのですが、今回の一件もNIMBYと言える。先ほども書いたとおり、児童相談所の主な用途は、非行少年・少女の指導ではない。それはあくまで児童相談所の仕事の一環であり、件数として多くはない。

児童相談所の設置は、刑務所や少年院が出来るのとは訳が違う。子どもの障害や成長に悩んでいる親の相談窓口、駆け込み寺が児童相談所なのだ。変化が起きるのが怖いのはわかる、でも良い大人ならその変化の正体を確認してから、恐れる恐れないを決めるべきではないでしょうか。

あるぱか

あるぱか

投稿者の記事一覧

いつもご購読ありがとう!クソみたいなブログだからもう閉じてえぇで!

関連記事

  1. kakusa-s 「世代間格差」を考える-”この老害が!”と叫ぶ若者たちへ-
  2. agcul このままでは日本の農業がヤバい
  3. toyosu 豊洲新市場汚染水問題は”食の安心”を脅かした。
  4. lady-wage 女性の賃金が低いのって当たり前じゃない?
  5. bookde 電子書籍が”本”をデストロイする。
  6. jobstataki スティーブ・ジョブズは世界最高のCEOではない。
  7. speed-reading 速読はくだらないテクニックである。-精読のススメ-
  8. deflation-problem 賃金格差を解消すればデフレ問題は解決される!

ランキング

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

おすすめ記事

k-sim 格安SIMの基礎知識

最近流行りの格安SIM。当ブログでも度々取り上げてきましたがとのお叱りのお言葉を頂き…

PAGE TOP