株メモ

GRIF5兆円損失事件は防御不能である。

girif

株価の低迷に伴い、GRIFが5兆円の損失を出したことについて、民進党を始め批判を始めている。

批判の趣旨としては

「株の比率を上げた安倍ちゃんの判断ミスや!」ということみたい。

でもね〜正に言うが易し、行うが難しってやつだね。

まずはっきりさせないといけないのは、今回の損失の大部分を占めるのがなんなのかということ。これが企業の業績の悪化であれば、安倍ちゃんのミスだね。株の比率を上げたから云々ではなく、アベノミクスの失敗です。

でも、今回の損失の主原因は

別の国のごたごたですから。

一発目の衝撃波は、チャイナショック。二発目の衝撃波はイギリスのEU離脱(EU離脱のダメージはこのさきどうなるかまだわからない)

そもそもそんなこと予想できると思いますか?経済評論家は、歴史家と同じく、事後に理由付けを行おうとする。評論家が添えた理由を見て一様に抱く感想は「えっ?なんでこんなことも予想できなかったの?」

第二次世界対戦の理由だって「ブロック経済」の一言で片付けられることが多いわけだけど、実際問題そんな簡単な話じゃないでしょ。確かに戦争の引き金になったのかもしれないけど、当時予想できてた人って一握りだと思う。

これと同じで、自国経済の先行きだって読めないのに、別の国の予想なんてできるわけないじゃないですか。

第一、経済政策というのは心理学的な側面があって、どんなに良策を講じても国民が期待通りの動きをしなければ暖簾に腕押しです。

だから、GRIFの損失は株の割合を引き上げた安倍ちゃんのせいだ。なんて、お門違いも良いところ。

そもそも、トータルで見たら40兆円くらいの運用益出してますからね。

何十年も運用して、これだけの運用益を出してるわけですから、むしろ褒めてあげたほうがいいんじゃないですかね。

あと、株の比率だけじゃなく、どんな銘柄選定してんだよ!という批判も目にしたのですが、超安定投資してますから。

投資先のほとんどは大企業で、TOPIXに連動するように組まれています。いわゆるインデックスファンドに近い構成。

インデックスファンドの安定性について、疑問を呈す人はほとんどいないと思います。かの有名な投資家ウォーレン・バフェットも

インデックス・ファンドは、投資家の大多数にとって、最も聡明な投資だ」

と言っています。

このことからも、GRIFへの第二の批判もお門違い。

投資で一番大事なのは

トータルで勝ってるかどうかでしょ。

GRIFはトータルで40兆円ほど勝ってるわけですから、別に批判しなくてもいいじゃないですか。

むしろ褒めてあげましょう。

あるぱか

あるぱか

投稿者の記事一覧

いつもご購読ありがとう!クソみたいなブログだからもう閉じてえぇで!

関連記事

  1. stock キャリアリンクを購入

ランキング

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

おすすめ記事

k-sim 格安SIMの基礎知識

最近流行りの格安SIM。当ブログでも度々取り上げてきましたがとのお叱りのお言葉を頂き…

PAGE TOP