転職メモ

中高年からでも転職を成功させる人の特徴

tyuukoune

「中高年の求人は思っているほど少なくありません。」ただ、言うまでもなく転職事情が厳しいのは事実です。

でも、中高年という転職市場で不利な立場の人間でも成功する人は成功します。。なぜ彼らは転職に成功するのでしょうか?どんな特徴を持っているのでしょうか。

1.「前職での実績は?」という質問に胸をはって答えられる。

ある程度の待遇を望むなら、そこそこの経験や能力は必須です。例えば

  • 大きな部門を統括し、成果を残してきた。
  • 前職が大企業勤めで貴重な体験、人脈を持っている。
  • 会社に売り上げや利益で貢献した実績がある。
  • 会社の中枢部で重要な判断をしてきた。

などなど。そこそこの経験や能力の証明ができる実績がなければ、高待遇の転職はほぼ無理。「前職での実績は?」と面接で問われ、はっきりと答えられる実績がないのであれば、給料の低い、低待遇の転職に甘んじなければならない。むしろ、低待遇でも採用されない可能性が高い。

そうゆう意味で、やはり中高年の転職はハードルが高いと言わざるを得ない。ただ、転職の成功率を高める要因はそれだけではない。

2.社長の方針に素直に従える。

中高年での転職となるとほぼ99%中小企業への転職となります。で、中小企業というのは大企業と違って、社長の意見が全てに優先されます。

大企業であれば、組織もしっかりしているし、優秀な人間も多いから、最終的な決定は社長がするにしても聞く耳を持っていることが多い。でも、中小企業の社長は違う。

例えば、社長の出した意見があるとして、自分の長い経験上、確実に失敗すると思ったとしても「社長、それは違う」とは口が裂けても言ってはならない世界なのです。

ましてや、中小の社長というのは我が子のように会社を育ててきた人です。なのにも関わらず、新参者が横やりを入れたら、ブちぎれるに決まっています。

つまり、中高年の採用に求められるのは「従順に、淡々と成果を生み出せる人材」なのであって、能力があっても生意気で風紀を乱す可能性のある人間ではないのです。

3.マネジメント能力を売りにしない。

「私は人材の育成に自信があります。」といっても社長からすると、そんな能力は不要だと吐き捨てられるだけです。もちろん、能力として備わっている分には損はない。

ただ、会社の風紀を乱す可能性のある中高年を、あえて採用するのは、それだけ切羽詰まっているからなのです。だから、中高年の中途採用というのは”○○部長”のような、エグゼクティブクラスであることが多い。ようは即戦力を求めているのです。

あなたに課された使命は、利益をあげること以外のなにものでもありません。利益をあげられないやつはどんなにマネジメント能力があっても、人あたりが良くてもいらない。

重要なのは、成果をあげること。ただそれだけです。

4.ある業界に人脈を持っている。

能力が無くても、この人脈欲しさに採用を決める企業もあるくらいです。天下りなんかは、この人脈を目当てに行われることが大半と言っても過言ではありません。

転職において必須ではありませんが、ある業界にコネクションを持っているという事実は、中高年の転職では有利に働きます。

5自己主張が弱く、相手を尊重する。

先ほどの社長の話とも関わりますが、ドぎつい性格の人はなかなか採用に至りません。仮に採用されたしたら、あなたは比較的高いポストを与えられることでしょう。

ここで、あぁだこうだ指図するような人間だったとしたら、組織が凍り付いてしまいます。確かに高いポストで年齢もそこそこで素晴らしい経歴があるのかもしれない。それでも、新人には変わりないのです。

会社の中には、生え抜きでずっと頑張ってきた人も多くいます。なのに、どこの馬の骨かもわからない人がいきなり上司になったりするのです。そこで「俺についてこれば大丈夫だから!」なんて言われた、ブチきれ必至です。

もちろん性格が全てではありません、相手を尊重できる、謙虚な人間が転職では有利なのです。

補足メモ:中高年の求人は見えやすいところにはでない。

なぜかという、中高年の採用というのはエグゼクティブクラスが多いので、見えやすいところに安易に求人を出すと、会社の業績を疑われたり、組織に乱れが出る可能性があるのです。

Ⅰ,会社の業績が疑われるとは?

例えば「事業戦略部長を募集」なんて、デカデカと書いてあったら「あっ・・・この企業一番大事なポストに適任者がいないんだ・・・」となりますよね。

重要なポストの人材を募集するということは、会社が切羽詰まってますと公言しているも同然。会社としては目立つ求人は極力避けたいのが本音なのです。

Ⅱ.組織に乱れが出る。

例えばあなたが”財務課長”だとして、自分の会社が”財務部長”を募集していたらどう思いますか。社員からすると、暗に「お前らじゃ心許ない」と宣言されているのと同じなのです。

求人情報で組織が乱れては困ります。だからこの世の中には”非公開求人”というシークレットが存在するのです。

Ⅲ.中高年の向けの非公開求人を探すなら?

やはり転職サイトを使うと良いです。そこら辺の求人誌より、遥かに質の高い転職案件を抱えています。もちろん、あなたの持っている経験や能力と、会社が求めているものが一致しなければなりませんが、転職サイトは適した人材を会社に送ることで利益を得ているので真剣に転職をサポートしてくれます。

真剣にやらないと信頼ガタ落ちで転職サイト潰れてしまうので。利用料はタダなのも魅力的ですし、転職活動を進める上でこれほど効率のいいものはありません。履歴書の添削から面談日の設定までやってくれるわけですから。

数ある転職サイトの中でも○○が特にオススメです。ただ大手の転職サイトはどこもそれなりの力を持っていますので、どこの転職サイトが正解ということはありません。良さげなところを自分なりに選べばそれで良いと思います。

あるぱか

あるぱか

投稿者の記事一覧

いつもご購読ありがとう!クソみたいなブログだからもう閉じてえぇで!

関連記事

  1. longten 長期的な目線で転職を考える重要性
  2. 3nenn なぜ「最低3年は仕事を続けなさい」と言われるのか?
  3. rirekisyo 転職で不利になる履歴書-だからあなたは書類選考で落ちる-
  4. nansigo どこに転職したいのかわからない人への処方箋7コ
  5. 異業種への転職は可能なのか?
  6. tensaia 転職するなら絶対「転職サイト」を使用すべき理由7つ
  7. 4step 転職を決意したらやるべき4ステップ
  8. nouteki 【うさ脳】手・腕の組み方でわかるアナタの適職と特徴

ランキング

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

おすすめ記事

k-sim 格安SIMの基礎知識

最近流行りの格安SIM。当ブログでも度々取り上げてきましたがとのお叱りのお言葉を頂き…

PAGE TOP