転職メモ

転職エージェントを使ってみたので体験談を書いておく。

taikenki

僕は過去に1回だけ!転職した経験がありまして、「どうにかしてこのクソ会社をやめたい」という不純ではあるが心の底からこみ上げる熱意を糧に転職を成功させました。そんな経緯をお話しできればなーと思います。

1.転職エージェントを利用してみた。

インターネットで「転職 手順」とか調べていると、よくワードとして引っかかったのが「転職エージェント」という言葉。よくよく調べていくと、担当者と二人三脚で転職活動をするというではありませんか。正直「めんど・・・」と思いましたが、評判も良かったし、プロの人に指導してもらいたいという気持ちが強かったので、早速登録。

その4日後に「面談しましょう!」とメールが届き・・・僕の転職活動が始まりました。

Ⅰ.緊張の初面談

僕は、一応3社利用して、結局はパソナというところで転職を決めたのですが、最初はもうおっかなびっくり。第一「エージェント」ってなんだよっていうww聞き慣れねーwww

遂に迎えたエージェントとの面談。開口一番「やぁMr.アンダーソン君」とかいって、彼みたいなのが出てこないか不安でした。

mat

実際はとても親身になって考えてくれる優しい方で、この人と出逢えたおかげで転職できたのかなーとも思います。ここでは彼をモーフィアスと呼びます。

面談は、思ってたよりは和やかな雰囲気で「なんで今の会社に入ったの〜?」「学生時代なんの部活やってた〜?」「どんな仕事してたの〜?」「職場の人とは会話ある〜?どんな雰囲気〜?」って感じで、ざっくばらんに色々とお話をさせていただきました。

内心「なんの意味あんねん?タコライスが」とか思っていましたが、このヒアリングのおかげで今までの仕事を客観的にみることができて、志望動機を書くのが楽になったような気がします。自分が真剣にやってきたことや、どうゆうときにモチベーションが下がったのかなどなど、主観ではわからないものが少し垣間見えたという点で収穫があったと思います。

Ⅱ.職歴書と模擬面接

「はっきり言ってめんどー」ここがとても厄介でした。出しても出しても担当から「これは企業受けしません。」なんて言われて「はぁー?はぁー?」と何度思ったかわからないというか、何回か声に出ていたと思います。

模擬面接の時もそう、入室から退室まで通してやったときにリアルに「ん?今のは悪い例としてやったんですか?」と聞かれ、「へへっ・・・うるせぇタコライスが!」と本気で思いました。(ありがたい話なんですがね。)

でも、それだけモーフィアスは、僕のことを考えてくれていたのかなと思います。とにかく親身に、率直に意見を言ってくれました。模擬面接にいたってはビデオカメラで撮られて、一緒に見るという苦行(・・・俺の声きめー・・・・)も経験。

あとあと聞いたら、そんなことまでやってくれる担当者はそうそういない。というか他の会社では、模擬面接もあっさりしていました。優秀な人はコレでいいのだろうけど、無能な僕はモーフィアスくらいやってもらわないと、多分転職に成功しなかったでしょう。

Ⅲ.利用してみてどうだった?

「とても心強かった。」この一言に尽きるかな。転職エージェントまで出向いたり、面接の練習したり、正直だるかったですけど、プロの人に見てもらっているという安心感があって、終始落ち着いて活動を進められたと感じます。

あと思ったのは「テスト勉強と同じで転職も環境が重要なんだ。」ということ。カフェで勉強すると捗ったりするじゃないですか?それって誰かに見られているから、捗るわけであって転職も同じだと思いますよ。

職歴や自己PRにしても、一人で活動してたら面接企業以外誰も見ない訳じゃないですか。でも、担当者のひとがいると、中途半端なもの書いて提出すると恥ずかしいなー・・・なんて心理も働いてどんどん精度があがっていきます。

そして思ったのは、転職って所詮テクニックの域を出ないということ。「自分を曝け出せば練習なんて必要ないんや!」ってのはちょっと違うと思う。いや、それはそれで良いと思うのですが、全く同じ個人でも、テクニックを駆使したかどうかで合否は確実に変わります。確実に。

それがいわゆる模擬面接だったり、自己PRの添削だったりするのですが、この練習が無いと正直きつかったなぁと思います。

プロの力を借りられたのと、転職活動にマジになれた。というのがスムーズにコトが運んだ(約4ヶ月活動しました。)要因だと思います。

一人で、暇な時に求人見て、履歴書書いて〜なんてやってたらダラダラやってしまって、結果転職できていなかったと思います。エージェントの利用は僕をマジにさせてくれました。

2.転職エージェントのデメリット

当然良いことばかりではない。利用する中で感じたデメリットも話しておこうと思います。

Ⅰ.担当によって熱心さが違う

マジでクソザルな担当者いました。「いや〜あなたはそう言うけど、今の世の中そんな企業ないよ?」って、「そこを調整するのがオメェの仕事だろ!説教すんなやタコライスが。」と思ったことも。

それに、とにかくこのうんこエージェントは、連絡が遅かった。ナメクジかよってくらい遅かった。一週間後に面談予約したのに、連絡がくるの前日とかですよ?そうゆうのメール届いてるのかな・・・なんてそわそわするじゃないですか。

その後担当を変えてもらったら改善されたので、担当者レベルでの差であって、会社として悪い訳ではないと思います。どこの会社にも横柄なうんこ野郎はいますからね。

Ⅱ.企業を紹介してもらえない場合がある。

転職エージェントは人材を企業に送ることで、成果報酬をもらっています。当然そこには信頼関係があるので、ザルみたいな人材を送り続けてしまうとエージェント会社そのものの質を疑われてしまいます。

なので、「あぅこいつには紹介できるものねぇや」と判断されたら一件も紹介してもらえません。まぁ転職を6回も7回も繰り返したりしてなければ、一件も紹介されないなんてことはないと思いますが・・・

Ⅲ.合わない人が絶対いる。

自分のことを聞いてほしくないと言いますか、こういうことは自分だけでやりたい人って一定数いると思います。実際、質問の中には答えづらいこともありますしね。

別に転職方法はエージェントをだけではありませんので。嫌なら無理して使う必要ないと思います。というより、漠然と「転職してぇなぁ〜」くらいなら辞めておいた方が良い。

気持ちが”かなり転職に傾いている人”にとっては素晴らしいサービスだとは思いますが、漠然と考えている程度なら面倒になると思います。

3.転職エージェントのメリット

Ⅰ.プロ目線でアドバイスをくれる。

やっぱりこれが一番魅力的でしょう。こちらが希望すれば模擬面接も添削もやってくれるので、とても心強かったです。

Ⅱ.転職活動にマジになれる。

先ほど書いたとおりで、転職エージェントは転職しよう!という思いに発破をかけてくれます。英会話教室に通うような感じでしょうか。僕はだらしない性格なので、エージェントの力を借りなければ、ダラダラ活動していたと思います。

Ⅲ.非公開求人が多い。

僕らが求人誌とかで手に入れられる情報は全体の2割程度だと言われていて、残りはいわゆる非公開求人というやつです。非公開求人になっている理由は様々なので、ここでは端折ります。

で、僕も3社の転職エージェントを使ったのですが、複数使う意味って各社で持っている非公開求人が違うからなんです。全く同じ情報を各社のエージェントに伝えたとしても、紹介される企業はほぼ被りません。

Ⅳ.内部事情を教えてくれる。(これめっちゃ大事)

例えば、”過去に実際に出た面接での質問”とか教えてくれます。まぁそれは置いておいて、最強に重要な情報が会社の実態です。勤務実態とか、転職した人の生の声とか教えてくれるのはとってもありがたい。だって、こうゆうのって知り合いでもいない限りわからないことじゃないですか。

インターネット上には、会社の口コミが書いているようなサイトもあるのですが、そんなサイトに書き込む輩って往々にして、会社に不満持っている層ですし、実際見てみてもネガティブコメントのほうが圧倒的に多い。情報としてかなり偏ってると思うのですよ。

その点、転職エージェントからいただける情報というのは信憑性が高いので、とても重宝すべきものです。

4.転職エージェントQ&A

Q1.利用に金かかるの?

A1.掛かりません。


Q2.面談って何回やるの?

A2.1回で済む人がほとんど。模擬面接とかを希望すれば回数は増やせます。


Q3.面談(聞き取りです。)って絶対直接なの?

A3.基本直接です。どうしても時間を取れない場合は電話でも可能。


Q4.自分のペースで進められる?

A4.もちろん。お客様ですので。ただダラダラやってると転職する気がないと判断され、登録を消される場合もあります。


Q5.エージェントとのやり取りはめんどい?

A5.面談は基本的に、初回の1回で後はメールでも済ませられるので大して気になりません。というかそんなことを面倒がるなら、そもそも転職できないと思いますので、どうぞページを閉じてください。


Q6.高卒でも紹介してくれる案件ある?

A6.普通にあります。エージェントが重視するのは現職での実績やスキルです。逆に学歴があっても、そこがクソだと「紹介案件なし」になります。


Q7.転職エージェントってどこを使えば良いの?

A7.「転職エージェント」と検索してヒットしたところなら、どこでも良いと思います。エージェント毎に得意分野とかが分かれてるので、その辺りで選ぶのもありだと思います。


Q8.複数のエージェントに登録した方が良いの?

A8.どっちでも良いです。ただ複数登録で活動している人の方が多いです。理由は至極単純で”数売った方が当たるから”


Q9.なぜ非公開求人が多いの?

A9.大人の事情です。


Q10.登録したらやっぱり転職しなきゃダメなの?

A10.全く。「やっぱり転職はいいや」「まだ時期尚早だったかも」と感じたら、すぐ活動を辞めれますし、なんの賠償も発生しません。


Q11.可愛いエージェントいる?

A11.います。オフィス物AVに出てそうな女性エージェントを何人か見かけました。


Q12.40歳超えてるけど大丈夫?

A12.当然。中年=転職できない。なんてのは都市伝説。もちろん20代の転職よりは門が狭くなるのは否めませんが。詳しくは下記の記事を参照してください。

中高年からでも転職を成功させる人の特徴


Q13.転職サイトと何が違うの?

A13.転職サイトは求人誌のネット版でただ情報が載っているだけ。エージェントは担当者がついて、マッチした会社をプロの目で選んでサポートしてくれます。


Q14.ハローワークじゃダメなんですか?

A14.別に良いと思いますよ。求人掲載企業が無選別なのでブラック企業にあたる可能性があるかもですが。

あるぱか

あるぱか

投稿者の記事一覧

いつもご購読ありがとう!クソみたいなブログだからもう閉じてえぇで!

関連記事

  1. rirekisyo 転職で不利になる履歴書-だからあなたは書類選考で落ちる-
  2. nouteki 【うさ脳】手・腕の組み方でわかるアナタの適職と特徴
  3. 4step 転職を決意したらやるべき4ステップ
  4. failure-te 「転職に失敗した…」と思ったら読んでください。
  5. bikkuri 「えっ?知らなかった!」転職活動を始めてビックリするコト
  6. rhurihuri78 転職が超絶不利になる4大理由
  7. tensaia 転職するなら絶対「転職サイト」を使用すべき理由7つ
  8. tyuukoune 中高年からでも転職を成功させる人の特徴

ランキング

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

おすすめ記事

k-sim 格安SIMの基礎知識

最近流行りの格安SIM。当ブログでも度々取り上げてきましたがとのお叱りのお言葉を頂き…

PAGE TOP