格安SIMメモ

格安SIMはなぜ安いのか?

sim-cheap

手キャリアから多大な顧客を奪い続けている格安SIM。低料金という最大の強みを活かし爆進を続けているわけですが、そもそもなぜ破格とも言える低料金を実現することが出来るのか。

今日はその辺りをサクサクとお話ししていきたいと思います。

ぶっちゃけどれくらい安くなるのよ?(はじめに)

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の平均月額料金が大体8000円(7〜8GB)くらい。で、この金額のうち多くを占めているのが通信料、つまりインターネット使用料ですね。

金額にして6000円くらいは通信料となります。格安simを使うと、この通信料がどれくらいになるかというと・・・なんと2500円。

ちなみに、僕の場合は月額7000円ほどの節約に成功しています。(3GBプランに下げたのも手伝って。)

使用感はどうよ?

大大大満足。キャリアメールが使えなくなるなどのデメリットはありますが、別にLINEやGmailで代用すれば良いだけですし、通信速度についても十分なので文句なし。

それで月額6000円〜7000円抑えられるわけですから

あるぱか
大手キャリアに金なんて落としてらんねー

という感じ。バカ高い上納金をソフトバンクに納めていた昔の自分を金属バットでぶん殴ってやりたい気分です。

なんで格安SIMってそんなに安いの?(本題)

低価格の要因は主に2つあって、①インフラ代が掛からないこと。②実店舗が少ないこと。以上2点が要因として挙げられます。

①インフラ代がかからない!?

格安SIMというのは、ドコモまたはauの通信インフラを借りて利用者に提供しているので基地局の建設費などのインフラ代が全く掛かりません。

通信インフラは建てるのにも金が掛かりますが維持管理するのにもかなりの金が掛かります。大手キャリアはこのインフラ代を通信費に転嫁しなければならないことから通信料の価格設定が格安SIMよりグッと高くなっているわけです。

ジョナサン
じゃあ格安SIM会社に回線貸さなければ安泰やん!

と思われるかもしれませんが、政府がそれを許しません。そんなことをしたら市場の寡占化が進むことで値段が市場価格より高くなり、そのしわ寄せが消費者に向かうことになります。

なので、格安SIM会社から

格安SIM会社社長
回線かせやコラ

と申し出があった場合、大手キャリアは断ることが基本的に出来ないのです。

②実店舗が少ない=コストダウン

大手キャリアってそこら中に店舗があるじゃないですか。一方で格安SIMには実店舗が基本的にありません、あったとしてもビックカメラやヨドバシカメラなどの大型家電量販店にあるくらい。

契約についても実店舗がないのでネットで済ますことがほとんど。このことから人件費を始めとした様々なコストが不要となることから、低価格を実現することが出来るのです。

ジョナサン
実店舗ないと心配やんけ!

でも機種変更する以外に実店舗を訪れることなんてないじゃないですか。とは言っても60歳を越えたスマホリテラシーのない、じじぃとばばぁは実店舗でのサポートが必要なんですね。

つまり、リテラシーの低いド阿呆のために、リテラシーの高いユーザーが実店舗に掛かる代金を一部肩代わりしてあげているというわけ。

その点、格安SIMというのはリテラシーの低い人は排除して、仕組みがわかるやつだけ使え〜方式なので、低価格が実現できているということです。

もちろん、格安SIM会社も契約者数をどんどん増やしていきたいでしょうから、リテラシーの低い人を取り込む戦略を今後打ち出していくことになると思います。(バカのためにコストが上がるのは嫌ですね・・・)

安かろう悪かろうではないのが格安SIMの魅力

僕も格安SIMに乗り換える時には、かなりの質の低下を覚悟していました。特に通信速度の低下を。

確かに通信速度の安定性は大手キャリアのほうが上です。だからといって格安SIMが不安定というわけでもありません。

例えば昼休みに

な速度が少し遅いなぁ〜/speech_bubble]

と感じることはたまにありますがストレスになるほどでもない。確かに大手キャリアの方が速いけど、別に格安SIMの速度でも問題ないなぁと感じる程度。

ストレスを感じることなくネットサーフィンができる速度って3Mbpsと言われているのですが格安SIMでもちゃんと3Mbps以上は出るんです↓

ohiruu

数字を出して、あぁだこうだ言ってもよくわからないでしょう。自分が言えることはただ一つ「格安SIMに変えてよかった。」ということだけです。

いつまでドブに金を投げ続けるの?

大して品質も変わらないのに、なぜ6000円も7000円も多く金を払い続けるのか。がん保険とか医療保険に入れるレベルの金額ですからね。

格安SIMへの乗り換え方がイマイチ不明な人集まれ。でも書いたとおり、格安SIMへの乗り換えってネット上で済ますことができるわけです。しかも40分くらいで。

いい加減、月に7000円も8000円も携帯料金に費やすことを当たり前だと思わない方が良いと思います。いつまでドブに金を投げ続けるのですか。

あるぱか

あるぱか

投稿者の記事一覧

いつもご購読ありがとう!クソみたいなブログだからもう閉じてえぇで!

関連記事

  1. kuso 大手キャリアよりも格安SIMがオススメなわけ
  2. careful-sim 「データ容量無制限」の格安SIMに気をつけろ
  3. smafoa スマホゲー・SNSに向いているSIMやデータ容量は?
  4. ネットラジオを使う人には格安SIMがおすすめ
  5. family-discount 格安SIMに家族割りってあるの?
  6. smafo-maintenance スマホの維持費を安くする方法【格安SIM編】
  7. st 格安SIM+スマホセットの選び方-mineo編-
  8. simsimsim 格安SIMへの乗り換え方がイマイチ不明な人集まれ。

ランキング

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

ピックアップ記事

  1. k-sim
  2. blog-speed
  3. deflation-problem

おすすめ記事

k-sim 格安SIMの基礎知識

最近流行りの格安SIM。当ブログでも度々取り上げてきましたがとのお叱りのお言葉を頂き…

PAGE TOP