格安SIMメモ

大手キャリアよりも格安SIMがオススメなわけ

kuso

ジでこのまま大手キャリアが格安SIMへの対抗策を考えないで、のほほんとしていたら顧客の大半を持っていかれることになると僕は思う。大手キャリアはいわゆる情弱向けの会社に成り下がる可能性さえある。

それくらい格安SIM会社はユーザーにとって魅力的なプランを提供してくれている。一方で大手キャリアの顧客ニーズ無視は甚だしいにもほどがある。

1.大手キャリアは顧客ニーズを全然考えていない!

大手キャリアの最大の欠点は、それぞれのユーザーニーズにあったプランを提供できていないところにある。その最たる例が通信量の選択肢の少なさである。

携帯料金の半分以上は、この通信料が占めている。そしてこの通信料は通話同様、人それぞれで必要量が異なるのにも関わらず、大手キャリアが用意するプランはわずかで7GBか2GBの二者択一。

金額自体もボッタクリだと思うけど、そもそも7GBと2GBというのは中途半端すぎる。本来は、ライトユーザー向けに1GB、ミドルユーザー向けに3GB、ヘビーユーザー向けに10GBまたは無制限を用意すべきであって、これがユーザーニーズ。

多くの格安SIM会社が用意するプランも大体この3つであることからも、このニーズで間違いない。

自宅にWI-FIがあるのかないのか、SNSやスマホゲームをよくやるのかやらないのか、その他様々な条件でその人の必要とする通信量プランは異なるはずなのです。

なのに大手キャリアときたら、ちっともニーズにあったプランを提供しようとしない。マジで潰れまっせ?

2.格安SIMのいいところ!

一方で格安SIMには色々な工夫が見られる。競合会社も多いので生き残りに必死なのでしょう。Nifmoなんかは格安SIM初の電話かけ放題プランをつくって通話料の高さがネックであった格安SIMに新風を巻き起こそうとしている。

僕も格安SIMを使い始めて8ヶ月ほどになりますが、もう大手に戻ろうとは決して思わない。確かに細かなサービスは大手キャリアのほうが良い、でも月額料金の差を考えればそんなサービスいりまてん。

格安SIMに乗り越えることで節約できたお金で、月に2回焼き肉を食いにいった方が何倍も幸せ。

格安SIMなんて一時的な流行りだろ?と軽んじている人は本当にもったいない。たった30分もあれば乗り換えが出来て月額6000円以上も浮くというのに・・・

安かろう悪かろうではないのが格安SIMの凄いところ。僕も乗り換える前は質の低さを覚悟していましたが、今思うのは「えっ?全然コレでよくね?」ということのみ。それくらい費用対効果が高い。

格安SIMは間違いなくオススメ。というより大手キャリアに留まる理由を探す方が難しいレベルで格安SIMは良い(ゴリオシー)

ぜひ乗り換えを検討してみてください。乗り換え時は格安SIMへの乗り換えに必要なステップを参考にしてください。30分もあれば来月から6000円以上の携帯代を節約することが出来ます。

あるぱか

あるぱか

投稿者の記事一覧

いつもご購読ありがとう!クソみたいなブログだからもう閉じてえぇで!

関連記事

  1. secondiphone 中古のiPhoneでも格安SIMは使える?
  2. bicsim BicSim(格安SIM)を6ヶ月使用してみた感想
  3. smafo-maintenance スマホの維持費を安くする方法【格安SIM編】
  4. thiakak 格安SIMと3大キャリアどっちがいいの?
  5. sim-cheap 格安SIMはなぜ安いのか?
  6. line-mobile LINEモバイルは現時点では選ぶ価値ナシ
  7. mineoab 【どっちを選ぶ?】mineoのAプランとDプラン
  8. speeds 格安SIMの速度ってぶっちゃけどうよ?

ランキング

ピックアップ記事

  1. blog-speed
  2. deflation-problem

ピックアップ記事

  1. blog-speed
  2. deflation-problem

おすすめ記事

格安SIMの基礎知識

最近流行りの格安SIM。当ブログでも度々取り上げてきましたがとのお叱りのお言葉を頂き…

PAGE TOP